PLASTICPeopleは、素材とソリューションの会社です。これまでのプラスチックの乱用と環境への影響に幻滅し、何とかならないものかと考えていました。想像力、パンク精神、そして科学の力を結集して、地球上のあらゆる廃プラスチックから、便利な素材や美しい素材を作るソリューションを開発しています。それはつまり、単なるゴミを何百年も使える価値ある製品に変える活動です。

PLASTICPeopleの素材は、台風の被害を受けた地域のための住宅から、デザイナーズ家具まで、さまざまなプロジェクトで活用されています。使用済みの素材や破損した素材は、循環型の素材として再加工が可能です。PLASTICPeopleは、プラスチックそのものが問題であってはならないこと、そしてプラスチックが希望の素材となり得ることを示唆し、文字通り"プラスチックを救う"方法を身をもって示しています。

riceの共同設立者であるJoshua Breidenbachは、彼らの活動から刺激を受けてこのプロジェクトは始まりました。PLASTICPeopleを世の中に知ってもらうために、シンプルで力強いネーミングとアイデンティティを確立しました。彼らの活動が世界規模で展開されることを目指しています。