Marou x National Gallery

National Gallery Singaporeは、シンガポールのダウンタウンに位置する裁判所と市庁舎の跡地を利用したギャラリーです。多岐に渡る東南アジアの現代美術を世界最大規模でコレクションしています。Marou Chocolateとコラボレーションし、ベトナムらしさとギャラリーの建物を表現したチョコレートバーを販売することになりました。

このギャラリーは、歴史的、現代的、超自然的な3つの異なる空間で構成されています。私たちは、これらのテーマに基づいて一連のアイコンを作成し、Marouは調和のとれた3つのフレーバーを考案しました。スタンダードなチョコレートは、歴史的な建物が持つ不変性を表現しています。チリを使ったチョコレートは、2つのビルをつなぐモダンな構造を表現し、シーソルトチョコレートは、光に満ちた中庭を表現しています。

ベトナム北部の小さな村で生まれた伝統的な印刷技術、Đông Hồ(ドン・ホー)。この芸術を500年(21世代)にわたって実践してきた一族と協力し、チョコレートバーのパッケージを制作しました。すべての工程が手作業で行われています。例えば、紙は桑の木の皮から作られ、砕いたカキの殻で輝きを加えています。赤の顔料はテラコッタから、緑と青の顔料は天然のインディゴ植物から、黒のインクは竹の葉を焦がしたもの、そして白の顔料は貝殻を粉末にしたものです。
アイコンを使ったモチーフ作りから始まり、職人の手作業で彫られた版木、そして手刷りの包装紙。古代ベトナムと現代のシンガポールが融合し、Đông Hồ芸術のユニークな魅力で包まれたチョコレートはこのようにして生まれました。