サイゴンで愛されているカフェ/ショップ、L'Usineは、ベトナムと海外への進出を目指し、riceに大規模なリブランディングを依頼しました。私たちは、彼らがサイゴンを深く愛していることから、世界に向けてサイゴンを紹介するパイプ役として、ブランドをイメージしました。

リサーチで見つけたサイゴンの過去の資料をもとに、タイポグラフィの選択や意外性のあるグラフィックを考え、それらを現代的に表現しました。

このブランドは、国境に囚われることのない、サイゴンのライフスタイルを象徴しています。サイゴンの穏やかさと混沌、古いものと新しいもの、ダイナミックでありながら歴史を感じさせるタイポグラフィ、青々とした写真や視覚的なコントラスト。これらの要素がブランド・アイデンティティを形作りました。

私たちは「サイゴンへの視線」として、季刊誌「L'Usine Journal」も制作しました。初期の号では、riceがアートディレクション、デザイン、制作を担当しています。第1号では、新しいビジュアル・アイデンティティを紹介し、第2号では、サイゴンを拠点とする写真家トゥアン・フレとコラボレーションして、ブランドが尊敬するサイゴン市民を取り上げました。ウェブサイトでは、サイゴンの人々や場所と、自分たちの空間や製品を、写真を通して融合させています。新しいアイデンティティの発表に際して、サイゴンを拠点とするフィルムメーカー、Robin and Cakoとともにフィルムも制作しました。